もうプレイしないゲームや読み終わった本を某有名中古買取業者で買取をしてもらったことがあります。
高価買取と書いてあったのでお小遣い程度にはなると思って売りに行きました。

結構大量だったので車で売りに行ったところ店員さんが運ぶのを手伝ってくれてかなり好印象を持ちました。

まずは読まなくなった漫画の本を売ろうと思い査定してもらいました。
査定にはかなり時間がかかったので店で本を読みながら待っていました。
30冊くらい持っていったので時間がかかるのは分かっていたのですが1時間くらい待たされたのは少し疲れました。

査定の結果はほぼ全ての本が値段をつけれないと言われました。
つまり0円でこっちで処分しますと言われたので処分してもらうことになりました。
中には古い本も入っていたので仕方ないと諦めて処分してもらいました。

次はゲームを売ろうと思ったのですが時間がかかりそうなので翌週にまた来ることになりました。

次の週末にゲームを持ってその中古ショップに再び出かけました。

かなり古いゲームから発売されたばかりのゲームを持っていったのですが、やはり査定には時間がかかりました。
古いゲームは自分のお金で初めて買ったゲームなので思い入れがあったのですが、もうプレイしないと思い売りに出しました。
査定の結果は100円と言われてしまいました、思い出のゲームなので売らないことにしました。
次に高価買取と書いてあったゲームの安い査定額を聞いて驚きました。
事前に広告などで他店の買取価格をリサーチした金額より低かったら売らないで違う店で売ろうと最初から決めていました。
査定の結果は想像より遥かに低い価格だったのでそのお店では売りませんでした。
次に携帯ゲーム機のハードを査定してもらいました。
査定する店員さんが「ゲーム機に貼ってある保護フィルムを剥がさないと査定できない」と言われたので剥がすことを承諾したのですが、査定金額がすごく安かったので携帯ゲーム機も売りませんでした。
保護フィルムは一度剥がしてしまうともう使えないので少しもったいなかったです。
他のゲームも他店より安かったのですが、違う店に持っていく手間を考えた結果、残りのゲームは売ることにしました。

全体的に査定金額は低いと感じたのでそれ以来その中古ショップでは買取してもらってません。

>>高価買取のお店が紹介されているサイト