悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲はかなりおすすめの作品です。悪魔城ドラキュラシリーズは国内や国外でも絶大な人気を誇っています。しかし、難易度が異常に高くゲームの初心者が手を出すことは厳しいものでした。しかし、悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲はビギナーでも楽しめるアクションRPGとなっています。いつ遊んでも楽しい、そんな夢のような作品です。

発売されたのは1997年ですね。コナミが販売を担当しています。プレイステーションで遊ぶことが出来る作品です。この作品のストーリーはいきなり登場した悪魔城を封じ込めるために、ドラキュラの息子のアルカードが行動をするというものになっています。

操作性は悪魔城ドラキュラのものですが、それに加えてレベルアップの概念があります。広い悪魔城を探索しながらアイテムを入手して先へ進んでいきます。スーパーメトロイドと似たような雰囲気もあります。探索が好きな人にはたまらない作品なのではないでしょうか。

アルカードは悪魔城伝説で仲間になりました。しかし今作ではついに主人公になったのです。昔からドラキュラシリーズを遊んでいる人にはたまらないと思います。アルカードはコウモリに返信をすることが出来ました。しかし今作では更に狼になったり霧になることも出来ます。これらを駆使してゲームを進めていくことが出来ます。空をとぶ場合はコウモリになりますが、鉄格子などは霧になることで通過できます。このように能力を使うことで行動はにが広がるのです。ボスが強くて先に進めない場合はレベルを上げれば良いのです。更に強力な装備が悪魔城には隠されています。つまり、ビギナーでもコツコツと探索を続ければいつかはクリアできます。このようなこともあり、悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲は名作として多くの人に受け入れられているのです。