自分で好きなようにオリジナルRPGを作れる、RPGツクール。

元々のプラットホームはパソコンなんですが、一般ハード向けでもシリーズは発売されていました。

その中でも名作は、初代プレイステーションでリリースされたRPGツクールだと思います。

前身であるツクール1、2はスーパーファミコンで発売されていました。

ハードがプレステに移り、できる事も大幅に増えました。

SFCではキャラクターやモンスター等、決められた素材の中からチョイスして作る事になるのですが、ツクール3ではそれらの要素も自分で作成できるようになりました。

更にソフトの仕様で限られていた容量が、メモリーカード式のプレステでは無限大になり、長編大作RPGも作れるようになりました。

作った作品をメモリーカードで簡単に持ち運べるようになったのも魅力です。

当時、私は友人とお互いに持ち寄ったオリジナルRPGを交換し、やらせあった思い出があります。

私達は数々の迷作を作りました。

中でも、友人の作った『三国志』と『る〇〇に剣心』は是非他の人にもプレイして欲しいぐらい、素晴らしい出来になっています。

元々、何かを自分で考えて作る事が好きな私にとっては、RPGツクールは夢のようなソフトでした。

私はこのソフトがきっかけでパソコン版を購入し、本格的なツクラーになっています。

因みに、RPGツクール3の続編RPGツクール4もリリースされていますが、こちらはバグや問題点が多く、あまりお勧めしません。